読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再開します

2週間ほど入院している間にすっかり秋めいて居りました。
何しろ、入院なんて、十数年前の「急性肺炎」での入院以来で、オマケニ手術なんて、体にメスを入れるんですから、内心ビクビクもの。
9月2日9時より始まり、6時間の予定が、3時間で終了したのだそうです、本人は、な~んにもわからないんですから・・・・・・
何でも、骨も削って?切って?弁を補修したらしいのです。(医者曰く、丈夫な骨でしたよだって)
目が覚めてから、ICUとかに居る時間が長い事、身動きが殆ど出来ないのですよ、辛かったですね。
でも、その日のうちに個室に移動、看護師さん達がアレコレテキパキと用意や色々と世話ををしてくれていました。
然も、1時間置きに来て、何やかやと」世話をして下さるのです。物凄い点滴のホースに繋がれていましたよ。
唯一つ、閉口した事は、食事、私糖尿病患者でしょ、出される食事は、全く味の無い物ばかり、いや~、もう参りましたよ、でもね、体力を付けるためには無理して食べましたよ。
手術した二日間、何にも食べて居ないんですから、起き上がるにも力が入らず起き上がれないんですからね、ビックリしましたよ、仕方が有りません、不味いのを我慢して、無理をしてのみこみましたよ。
初めての経験でしたが、出来れば此れで終わらせたい物ですね。
取り合経ず、生還の報告です。