読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親と金

今朝の気温0.2℃、日中は7℃で晴れ時々曇りの予報です、こちらの桜の開花は例年通り5月の連休頃らしい。

お彼岸に入り、昨日、家内は牡丹餅を作ったのです、朝御飯代りに牡丹餅を食べたのです。
所がなんと、ご飯がメッコ(上手に炊けてなく、米粒が固い事を此方ではメッコめしと言うのです)になっているんです。
ようやく2個食べて終わりにしました。

両隣にも持って行ったのですが、キット同じではなかったかと思われるのです。
今日は、離れた所に住む長女が牡丹餅の作り方を習いに?来る筈。
と言うのは、孫たちが牡丹餅や御萩が大好きで、予てから、子供たちに言われていたようで、婆ちゃんが死ぬ前に作り方を習っておいてほしいと・・・・・
それで今日は来るらしい。
と言うのは、私が今年の年賀状で、”何時までも、有ると思うな親と金”と書いたのです。
次女の方は、孫にどう言う意味かと聞かれて返答に困ったと述懐しておりました、長女の方は、年賀状の所為も有ったのか、習いに来るらしい、序に、両隣にもお届けしなおさなくてはならないだろう。

ま、年賀状の件が、幾らか効いたのかもな・・・・・・・